とんとん列車2

備忘録。

カテゴリ: 旅2016

2016年7月27日(水曜日)
北海道&東日本パス

秋田駅ー<奥羽本線>ー大曲駅ー<田沢湖線>ー(角館駅)





羽越本線経由で秋田駅到着です、ここから、奥羽本線に乗り換えて、
大曲を目指します

イメージ 1

次に乗るのは、奥羽本線 新庄行き 2444M

イメージ 2

ちょつとの時間があったので、秋田駅を少し観察、明後日の29日には、
再び秋田に戻って来て、宿泊するのですが、今日は途中です

新庄行き入線

イメージ 3

秋田駅、13:45発 大曲までの区間は、秋田新幹線と単線並列区間です
奥羽本線の車両は狭軌の701系

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 4

奥羽本線を南下します

イメージ 5

刈和野駅

イメージ 6

イメージ 22


玉川を渡る

イメージ 7

秋田新幹線 こまち17号秋田行が丁度出発

イメージ 8

大曲駅に到着です、ここで、田沢湖線に乗り換えます

イメージ 9

盛岡まで直通の列車が3本しかないのが田沢湖線のネックですが、
この列車は、さほど待たずに乗り継ぎが出来ます

次の14:55発 盛岡行き 840M 既にホームに据え付けられています
秋田新幹線と同じ標準軌の701系5000番台

イメージ 10

ロングとボックスの組み合わせ、ボックス席に座った

イメージ 11

イメージ 12

定刻に出発、奥羽本線と離れ、田沢湖線を進む

イメージ 13

イメージ 23


羽後四ツ屋駅を出発した当たり、長閑な田園地帯を進む

イメージ 14

奥羽山脈に向かっていく

イメージ 15

イメージ 24

桧木内川を渡る

イメージ 16

15:14
角館駅、秋田内陸縦貫鉄道がここから出てます、
11分の停車時間

イメージ 17

秋田内陸縦貫鉄道にも、29日に乗る予定でいます、
丁度停まってますね

イメージ 18

ここで、対向の秋田新幹線こまち19号 秋田行の交換待ち

イメージ 19











 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト

2016年7月27日(水曜日)
北海道&東日本パス

矢島駅ー<鳥海山ろく線>-羽後本庄駅ー<羽越本線>ー秋田駅



11:27

由利高原鉄道、矢島駅に到着、ここからは、戻るしかないので、
矢島駅で羽後本荘行きの出発時間を待つ

イメージ 1


イメージ 25

イメージ 2

次の羽後本荘行きは、車両交換されるようです

イメージ 3

乗ってきた車両へ車庫へ

イメージ 4

イメージ 5

羽後本荘駅 12:33発に乗れそうです

イメージ 26


帰りは、切符購入600円

イメージ 6

11:48 矢島駅発、アテンダントさんがお見送り!

イメージ 7

イメージ 8

西滝沢駅

イメージ 9

イメージ 10

前郷駅で矢島行きと、すれ違う

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 27

イメージ 15

羽越本線と併走

イメージ 16

12:30
羽後本荘駅に到着、向こうのホームに停まってるのが、秋田行のようです
乗り換え時間が、少ないので急ぐ

イメージ 17

そのまま、乗り換えで、羽越本線に戻ります

イメージ 18

12:33 羽後本荘駅出発、秋田行 2543M 羽後本荘始発の列車です

イメージ 28

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

大きな、雄物川を渡る

イメージ 22

イメージ 29

さあ、秋田駅

イメージ 23

イメージ 24

13:19 秋田駅に到着












 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年7月27日(水曜日)
北海道&東日本パス

羽後本荘駅ー<鳥海山ろく線>-矢島駅




羽越本線で、羽後本荘駅に到着、ここから、乗ったこと無い私鉄、
由利高原鉄道を乗り潰します、途中に改札もなく、車内精算で良いのだろう、
そんなに時間もないし、乗ってしまえ!

イメージ 1

整理券を引いて、1両のディーゼル列車に乗り込む

イメージ 2

車内は、さほど混んでないようで、座席選び放題、適当にボックス席に
荷物おいて座った、

女性のアテンダントが乗車しているようです、おばこ衣装で乗っている、
一応、フリー切符があったら買おうと思ったのですが、平日は無いようです、

パンフレットと時刻表いただきました

イメージ 3

どうやら、この列車は、まごころ列車のようです、だから、
秋田おばこ姿をして、アテンダントが乗務しているのね

イメージ 4

10:46 定刻に出発、さっき走ってきた羽越本線と併走

イメージ 5

イメージ 22

羽越本線と離れ始めたところに、1つ目の薬師堂駅が有ります、
結構、乗る人が居るようです

イメージ 6

由利高原鉄道は、矢島街道に添って走ります

イメージ 7

イメージ 8

子吉駅を出て、家がすぐに少なくなると、右側は山裾を走行、

おばこ姿のアテンダントさんが、沿線の説明をしてくれます、
向こうに見えるのは、旧鮎川小学校だそうで、有形文化財なのだとか
テレビ番組、水曜どうでしょうが、ここで運動会を開催するそうです



イメージ 9

鮎川駅、無人駅ですが、駅舎がどれも立派ですね

イメージ 10

子吉川を渡る

イメージ 11

イメージ 23

前郷駅、由利本荘行きと上下交換、エボルタ電池のヘッドマークがついてます

イメージ 12

おばこ姿のアテンダントさんが、車内を回ります

イメージ 13

イメージ 14

久保田駅

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 24

西滝沢駅

イメージ 17

子吉川を再び渡る

イメージ 18

イメージ 19

川辺駅

イメージ 20

イメージ 25

車庫がある

イメージ 21

イメージ 26

11:25
終点、矢島駅に到着













 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト


2016年7月27日(水曜日)
北海道&東日本パス

余目駅ー<羽越本線>ー酒田駅ー羽後本荘駅




9:00

余目駅到着、雨がシトシト降っています、天気予報当たりです
列車によっては、酒田まで直通するのもあるのですが、この列車は
余目止まりです

イメージ 1

ここから、羽越本線に乗り換えて、北上します

イメージ 2

羽越本線ホームで列車を待つ、やって来たのは、ディーゼルの
キハE120系がやって来た、これが、酒田行きの823D

イメージ 3

新津駅始発のロングラン列車です、後はキハ110が付いてます
後のキハ110に乗車、余目を出発です

イメージ 4


イメージ 23

強風で特急が転覆した場所ですね

イメージ 5

第二最上川橋梁を渡る

イメージ 6

砂越駅

イメージ 7

15分ほどで、終点酒田駅に到着、秋田行の701系が既に待っています、
乗り換え時間が余りないので急ぎます

イメージ 8

さあ乗り換えだ、跨線橋を移動

イメージ 9

ロングシートの701系秋田車に乗車、空いてます

イメージ 10

9:34発 秋田行 541M
席に腰掛け、ホットしていると、出発時間、あれ、211系がこんな所に、
疎開留置ですかね、ここは交流くかんですから、自走は出来ないし

イメージ 11

イメージ 24

本楯駅


イメージ 12

日向川を渡る

イメージ 13

遊佐駅

イメージ 14

羽越本線は、日本海が見える、なかなか良い風景の所を走ります

イメージ 15

イメージ 25

小砂川駅

イメージ 16

鳥海山の麓と日本海に挟まれたところを走行します

10:12
象潟駅で、対向の 特急いなほ8号 新潟行き 2008M

イメージ 17

10:18
金浦駅、向こうは、普通 酒田行き 536M

イメージ 18

イメージ 26
10:32 西目駅

イメージ 19

イメージ 20

由利高原鉄道の線路が横を走る、まもなく、羽後本荘駅

イメージ 21

イメージ 22

羽後本荘駅、さあ、由利高原鉄道に乗り換えです、













 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト



2016年7月27日(水曜日)
北海道&東日本パス

ー<奥羽本線>ー新庄駅ー<陸羽西線>ー余目駅




山形駅から新庄駅へ到着、標準軌のホームへ滑り込んだ、次は、
陸羽西線に乗り換えです、
端っこは、狭軌の線路が続いていて、陸羽東線の、呼子温泉行きが
停車している

イメージ 1

線路が途中で分断していて、山形方面が標準軌、秋田方面が狭軌に
なっている

おる返しは、山形行きに成るようです、横には、つばさ128号 東京行き

イメージ 2

こちらが、狭軌の側のホーム

イメージ 3

陸羽西線の余目行きは、既に停車していますが、時間があるので、
改札を出てみます

イメージ 4

イメージ 5

そういや、むかし、レンタサイクルで、鳥モツラーメンを
食べに行きました

イメージ 6

イメージ 7

普通 余目行き 153Dに乗車です、横には、新庄行きが到着



イメージ 8

キハ110系の何気に座り心地の良い座席に座る

イメージ 9

8:12 新庄駅を出発

イメージ 10

左に進路をとり、奥羽本線から離れる

イメージ 25


升形駅

イメージ 11

羽前前波駅

イメージ 12

のどかな田園を行く

イメージ 13

鮭川を渡る

イメージ 14

津谷駅

イメージ 15

最上川を渡る、ここからしばらく、最上川を右側に見て走ります

イメージ 16


古口駅で、新庄行き 152Dと交換

イメージ 17

イメージ 26


イメージ 18

高屋駅

イメージ 19

イメージ 20


イメージ 21

イメージ 27


最上川から離れると、風力発電の風車、風の強い地域

イメージ 22

南野駅

イメージ 23

羽越本線と合流すると、終点、余目駅

イメージ 24












 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年7月27日(水曜日)
北海道&東日本パス

ホテル・・山形駅ー<奥羽本線>ー新庄駅




3日目の朝、今日は盛岡を目指します、
乗る予定の列車の都合で、朝も早い

天気を確認、雨模様です

イメージ 1

5:30 ホテルをチェックアウト

イメージ 2

山形駅へ向かう、この辺は開発前、工場とか機関庫とかが有ったようです
やはり、東口側がメインで西口は駅裏だったんでしょう、開発が進んでいます

イメージ 3

イメージ 4

乗るのは、5:53発 奥羽本線 新庄行き 1423M
山形駅から下り方面の始発列車です

イメージ 5

719系5000番台 新庄行きは2両編成

イメージ 6

新庄方面に乗る客は少ないようです、山形新幹線が走る右側、標準軌の線路を
走ります

イメージ 7

羽前千歳駅、駅手前で、右の標準軌と左の狭軌が入れ替わり、
ここから仙山線が右に分岐して、仙台方面に向かいます

イメージ 8

イメージ 21

イメージ 9

イメージ 10

漆山駅

イメージ 11

高擶駅

イメージ 12

天童駅

イメージ 13

天童駅で、東京行き、つばさ120号と、すれ違う

イメージ 14

さくらんぼ東根駅、米沢行き普通 1420Mとすれ違う

イメージ 15

イメージ 22


イメージ 16

丹庄川、最上川に注ぐ

イメージ 17

北大石田駅

イメージ 18

最上小国川を渡る、これも最上川に注ぐ

イメージ 19

イメージ 23

陸羽東線が右側に添って走る

イメージ 24


7:09
山形新幹線の終着駅、E3系が停まる新庄駅に到着

イメージ 20













 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年7月26日(火曜日)
北海道&東日本パス

(北山形駅)ー<奥羽本線>ー山形駅ー<左沢線>ー
左沢駅ー山形駅・・ホテル




狭軌の奥羽本線を進む、隣は標準軌、単線並列ですね、
狭軌側は左沢線と仙山線が、標準軌は山形新幹線と奥羽本線列車が使う

イメージ 1

山形駅へ戻りました

イメージ 2

この車両が、左沢行きになるようです

イメージ 3

まだ、1時間近くありますね

イメージ 4

時間つぶしに、改札を出てみたり、荷物をコインロッカーに預けたりした

イメージ 5

さあ、残りの乗り潰しに、左沢行き339Dに乗車して待っていると、
前側に増結するようです

イメージ 6

学生で混む時間に対応なのでしょうかね

15:53
寒河江駅到着

イメージ 7

ここから未乗区間

イメージ 8

空いてます

イメージ 9

イメージ 10

終点、左沢駅に堂々4両編成で到着です

イメージ 11

片側1面のホームの左沢駅、愛称がフルーツラインらしいので、
ラ・フランスの形かな

イメージ 12

折り返し時間は、8分しかないので、山形行きに乗車、増結した
後側の車両へ乗ります

16:16発 山形行き344D

イメージ 13

イメージ 14

羽前山辺駅で、左沢行き341D列車と交換

イメージ 15

北山形駅から、共用区間へ

イメージ 16

17:00 本日の宿泊地、山形駅へ到着、ホテルへチェックインの前に、
食事を済まそうかと思って、東口側に出て歩いてみるが、まだ時間が早いせいか
これと言って入りたい店がないので諦めてホテルへ向かうことにした、
東口側には百貨店も有るようで、こちら側がメインなんでしょうね

イメージ 17

ホテルのある反対側に、大きな道で区画整理された、新しい町並みです

イメージ 18

本日の宿泊地、東横インに到着

イメージ 19

チェックイン

イメージ 20

さて、部屋でマッタリ、秋田方面で洪水警報らしい、大丈夫かな、
明日、秋田いくんですが・・・

イメージ 21

さて、ご飯です、グーグルマップで探したら、ファミレスがあるようなので
、そこに行くことにしました、歩いて5分、ビックボーイで食事

イメージ 22

肉食べたいので、ガッツリいただきました

イメージ 23

帰りに、ホテル前のマックスバリューで買い物して帰りました

イメージ 24



本日の行程

ホテル・・新潟駅ー<白新線>ー(新発田駅)ー<羽越本線>ー(坂町駅)
ー<米坂線>ー今泉駅ー<フラワー長井線>ー荒砥駅ー赤湯駅ー<奥羽本線>
ー山形駅ー<左沢線>ー寒河江駅ー山形駅ー左沢駅ー山形駅・・ホテル

JR東日本 白新線 羽越本線 米坂線 奥羽本線 左沢線
山形鉄道 フラワー長井線

乗車距離
117k+18.3k+78.7k+17.2k+26.2k+26.2k=283.6キロ








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト



2016年7月26日(火曜日)
北海道&東日本パス

(今泉駅)ー<フラワー長井線>ー赤湯駅ー<奥羽本線>-山形駅
ー(北山形駅)ー<左沢線>ー寒河江駅ー(北山形駅)ー<奥羽本線>




今泉駅からは、このままフラワー長井線を乗り通して赤湯駅を目指します、

イメージ 1

米坂線は南下して米沢を目指し、こちらは東に向かいます

イメージ 2

しばらくは、同じような風景です

イメージ 3

イメージ 4

最上川を渡ると南陽市に入ります、宮内駅で荒砥行きと交換

イメージ 5

南陽市役所駅

イメージ 6

終点、赤湯駅に到着

イメージ 7

車内で精算、荒砥から760円、清算済証明書を渡された、
駅から出るには、改札でこれを渡さなければならない

イメージ 8

次は、JR奥羽本線です

イメージ 9

跨線橋を渡る、山形行き、439Mは、後、4分で到着予定

イメージ 10

山形方面ホームは、さっき山形鉄道から乗って来た客や、ここから乗る客で
意外に多いです、米沢から山形の区間は、福島から米沢間の本数よりは、
多く普通列車が有るのが助かります

到着した山形行き439Mは、701系5500番台の2両編成

イメージ 11

席が埋まるくらいの乗車率です、自分も席が確保出来ました

イメージ 12

山形新幹線が走る、標準軌の線路を飛ばして、丘陵を駆け上がる

イメージ 13

山形盆地に入ると、あの場違いなバブルの塔が見えてくる、
スカイタワー41

イメージ 14

山形駅の手前は、蔵王駅

イメージ 15

13:15
山形駅に到着です

イメージ 17

イメージ 16

本日の宿泊地、山形に到着、まだ時間が早いですから、
当然、乗り潰しで時間を潰します

左沢線に未乗なので、この時間を使って乗り潰します

イメージ 18

しかし、運転本すも少なく、この時間では終点の左沢行きが有りません、
次の寒河江行きに乗っても、まだ時間が余るのですが、寒河江行きに乗って、
時間つぶしです

左沢線用のキハ101形に乗り込む

イメージ 19

山形駅 13:24発 寒河江行き 1335D列車に乗車

仙山線と共用の狭軌を走り、1つ先の北山形駅から左沢線に入る

イメージ 20

左沢から来た、山形行きと交換

イメージ 21

約30分で、寒河江駅へ到着、折り返しの山形行きでそのまま戻ります

イメージ 22

寒河江駅 14:02発 山形行き1338D列車

イメージ 23

後面展望を楽しむ

イメージ 24

渡るのは、最上川

イメージ 25

羽前長崎駅

イメージ 26

羽前金沢駅

イメージ 27

北山形駅、対向の寒河江行きと交換

イメージ 28

イメージ 29

奥羽本線の狭軌に合流して山形駅へ、右側は山形新幹線が走る標準軌の線路







 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

*******


2016年7月26日(火曜日)
北海道&東日本パス

今泉駅ー<フラワー長井線>ー荒砥駅ー(今泉駅)





山形鉄道フラワー長井線に初乗車、荒砥行き207D、取りあえず
進行方向右側の席に座って、荒砥駅を目指す、1両単行のディーゼル車は、
学生を中心に結構乗っている

イメージ 26


長井駅で、降車客が多かったです、

イメージ 1

イメージ 27

あやめ公園駅の先、最上川に注ぐ、野川を渡る

イメージ 2

立派な駅舎ですね、羽前成田駅

イメージ 3

山に囲まれた、平地を走る

イメージ 4

蚕桑駅

イメージ 5

いつの間にか雨は止んでいます

イメージ 6

イメージ 7

最上川を渡る

イメージ 8

11:39 終点、荒砥駅到着

イメージ 9

折り返しの列車を待つ人たちが居る

イメージ 10

今泉駅からの運賃、620円を支払ってホームへ

イメージ 11

1両には長いホーム、車両基地は荒砥駅にあるんですね

イメージ 12

大きな駅舎

イメージ 13

イメージ 28

折り返し時間が、7分しかないので、すぐに同じ列車に乗り込む、
赤湯行き212D

イメージ 14

今度は、さっきと反対側の進行方向右側の席に座る

イメージ 15

広告かと思ったら、テレビの撮影に使われている様子の紹介です、
沢口靖子主演の鉄道捜査官ですね

イメージ 16

再び最上川を渡る

イメージ 17

四季の郷駅

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 29

白兎駅

イメージ 20

あやめ公園駅

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 30


JR米坂線と合流

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

12:17
今泉駅まで戻りました、このまま、赤湯まで乗り通します








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

*******

2016年7月26日(火曜日)
北海道&東日本パス

(小国駅)ー<米坂線>ー今泉駅




小国駅を出発、車内はすでに閑散とした感じです、今乗っている人は、
米沢まで乗り通す人が多いのかな、と思いながら車窓を楽しむ

イメージ 1

イメージ 23


羽前松岡駅を出ると、おそらく荒川に注ぐ川を幾つか跨ぐ

イメージ 2

イメージ 3

どんよりした天気でしたが、ポツポツと雨が降ってきたようです

イメージ 4

伊佐領駅

イメージ 5

イメージ 24

イメージ 6

羽前沼沢駅、保線の基地があるようです

イメージ 7

イメージ 8

手ノ子駅を出て、この辺りに来ると、山岳を抜けて平地へ、
田園風景に成ります

イメージ 9

羽前椿駅

イメージ 10

イメージ 25


イメージ 11

萩生駅


イメージ 12

イメージ 26


萩生駅を出て、進行方向を南に変えると、フラワー長井線と合流し、
線路を共有する

イメージ 13

白川を渡る

イメージ 14

11:00
今泉駅に到着、ここで対向列車の坂町行きが待っていた

イメージ 15

ここで下車して、未乗のフラワー長井線に乗車します

イメージ 16

坂町行き普通1129Dと快速べにばな3822Dを見送り、乗り換えのために
移動します、向こう側のホームにフラワー長井線の車両が居ます

イメージ 27

跨線橋を越えて、フラワー長井線ホームへ

イメージ 17

停車している列車は、赤湯行きのようです

イメージ 18

まずは、荒砥方面を乗り潰しです

イメージ 19

荒砥行きが来ました

イメージ 20

整理券で車内精算方式のようです

イメージ 21

乗った車両は、うさぎとかめ列車

イメージ 22








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

*******

2016年7月26日(火曜日)
北海道&東日本パス

(坂町駅)ー<米坂線>ー(小国駅)




坂町駅に到着、快速運転、ディーゼル列車の本領は、この先から、非電化の
米坂線に入ります

イメージ 1

坂町駅を出ると、右に転線し、羽越本線から離れ、山脈方向へ向きを変える

イメージ 2

イメージ 17


イメージ 3

左に荒川

イメージ 4

水量も多いですね

イメージ 5

越後大島駅

イメージ 6

イメージ 18

越後下関駅

イメージ 7

イメージ 8

山深くへ

イメージ 9

越後片貝駅

イメージ 10

越後金丸駅、新潟県はここまで、この先で、山形県へ入ります

イメージ 13

すでに、県境を越え、山形県へ

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 19

イメージ 14

転車台が有る

イメージ 15

小国駅

イメージ 16










 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

*******

2016年7月26日(火曜日)
北海道&東日本パス

ホテル・・新潟駅ー<白新線>-(新発田駅)ー<羽越本線>ー(坂町駅)



2日目

2日目の朝です、いつものごとく、テレビで天気予報を確認するため、
テレビをつけると、なにやら事件が有ったようですね、救急車が多数映って
います

イメージ 1

なんか、かなり陰惨な事件のようです、
今日の天気はどうでしょう、あれれ、天気は悪そうです

イメージ 2

今日もお世話になる、北東パス

イメージ 3

宿泊した、東横インは無料の朝食が提供されるようですが、昨日の吉野家で
朝食を食べることにしたので、チョット早めに、チェックアウト

新潟駅は直ぐそこです

イメージ 4

さて、吉野家で朝定を食す、安定の味です

イメージ 5

8:15
2日目1本目は、”快速べにばな”に乗ります

イメージ 6

少し時間があるので、新潟駅を観察、通勤通学客で列車が到着すると、
混雑します

9番線ホームには、磐越西線直通の、”快速あがの” 会津若松行きが
停車しています、

キハE120形の間に、キハ110系が挟まっています

イメージ 7

イメージ 8

列車名称の表示やヘッドマークは無し

イメージ 9

白新線の普通 新潟行き8625Dが到着、これが、これから乗る、
”快速べにばな”に成るようです、これも、キハE120形と
キハ110の併結編成です

イメージ 10

では、ホームへ行きましょう、

快速べにばな 米沢 行き、3822D

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

やはり、列車名称の表示やヘッドマークはないですね、
さほど混んではいないようです、どちらに乗るか考えましたが、
やはり、旅情をそそる、前側のキハ110形にしましょう、
座席の座り心地がいいのですよ

イメージ 14

8:43 新潟駅を出発

イメージ 15

”特急しらゆき”に、使われる、E653系、
快速くびき野が無くなってしまったのが残念ですね、

イメージ 16

JR貨物の東新潟機関区横を走行

イメージ 17

阿賀野川を渡る

イメージ 18

イメージ 19

8:57 最初の停車駅、豊栄駅

イメージ 20

福島潟放水路

イメージ 21

イメージ 24

9:10
新発田駅から羽越本線へ、

イメージ 23

イメージ 25


9:22 側線が剥がされた、中条駅

イメージ 22

イメージ 26

9:30
米坂線との分岐駅、坂町駅に到着







 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

*******

2016年7月25日(月曜日)
北海道&東日本パス

六日町駅ー<上越線>ー(宮内駅)ー<信越本線>ー
長岡駅ー(新津駅)ー新潟駅・・ホテル




北越鉄道ほくほく線初乗車で、六日町駅に到着、次の乗り換えに
少し時間があるので、少しユックリしています

イメージ 1

ほくほく線ホームからJRホームへは、特に中間改札とかも無いようですね

イメージ 2

次に乗るのは、上越線 長岡行き 1743M

イメージ 3

越後湯沢始発の長岡行きがやってきました、E129系ですね

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 27

2両編成です、学生が多く、混雑しています

イメージ 6

高崎からの運賃表示が出ている

イメージ 7

只見線との接続駅、小出駅です、災害で不通区間が有りますが、復活すると
良いなと、思います

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 28

17:33
長岡駅到着、乗り換えは、隣のホームです

イメージ 10

イメージ 12

115系です、半自動ドア扱い、自分で空けないと行けないのですね
本日のラスト、新潟行き、457M 115系6両編成です

イメージ 11

車内は、やはり混んでいますね、

イメージ 13

見附駅

イメージ 14

三条駅

イメージ 15

イメージ 29

加茂駅

イメージ 16

混んでいた車内も、空いてきました、新潟駅まで行く人は少ないようです

イメージ 17

新津駅

イメージ 18

イメージ 30

イメージ 31

新潟車両センター横を通過、新潟駅はもうすぐです

イメージ 19

18:53
新潟駅到着、新潟駅は現在工事中です、ホームが足りなくなるので、
万代口側に8番9番線ホームが作られました

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

さて、改札出て、食事を済ませてしまいましょう、新潟駅の地下に、
吉野家があるので、そこで済ませる

イメージ 23

イメージ 24

美味しくいただきました、今日のお宿は、新潟駅直ぐの東横インです

イメージ 25

イメージ 26



本日の行程

池袋駅ー代々木駅ー八王子駅ー松本駅ー長野駅ー妙高高原駅ー
直江津駅ー犀潟駅ー六日町駅ー長岡駅ー新潟駅


JR東日本 山手線 中央本線 篠ノ井線 信越本線 上越線
しなの鉄道 北しなの線
えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン
北越急行 ほくほく線

乗車距離
5.5+288.5+37.3+37.7+59.5+117.1=545.6キロ











 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年7月25日(月曜日)
北海道&東日本パス

直江津駅ー<信越本線>ー(犀潟駅)ー<ほくほく線>ー六日町駅



移管後の初乗車、しなの鉄道、北しなの線と、えちごトキめき鉄道、
妙高はねうまラインを乗車いたしました。

広々している、直江津駅、本日7本目の列車は、信越本線 普通 長岡
行きに乗車します。

イメージ 1

普通 長岡行き 1339M

イメージ 2

すっかり、ぶつ切り状態の、信越本線ですが、ここから新潟までは
JR東日本が面倒を見ます

イメージ 3

直江津駅側線にある、車庫施設はえちごトキめき鉄道に移管されたのかな、
昔、209系が疎開で置いてあったな

イメージ 4

保倉川を渡る

イメージ 5

イメージ 24

このまま、長岡経由で行けば18:19に新潟に着けますが、未乗の
ほくほく線に乗りたいので、犀潟駅で乗り換えです

イメージ 6

イメージ 8

初乗車の北越急行、ほくほく線の車両は、既に入線しています、
乗り換え時間は、3分程しかありません、1両の単行運転です

イメージ 7

イメージ 9

1両だと、混むのかと思ったら、ガラガラ、でした

イメージ 10

ほくほく線、六日市駅行き、845Mに乗車、時刻表を見ると、直江津始発で
運転される方が多いようですが、さっき乗ってきた長岡行きとの関係か、
この列車は、犀潟始発のようです

出発すると、信越本線を高架で越えて離れていきます

イメージ 11

イメージ 25

高架線で、頸城平野を進む

イメージ 26

特急はくたか が、160キロ運転してた線路を走る、

イメージ 12

しきりに、18きっぷが使えないとの案内が表示されます

イメージ 13

犀潟ー六日町、ほくほく線だと970円です、北東パスはエリアに指定されて
いますので、この分お得感

イメージ 14

屋根が急な作りは雪国仕様ですか

イメージ 15

虫川大杉駅付近

イメージ 16

虫川大杉駅で行き違い

イメージ 17

イメージ 18

山間部は、トンネルが多い

イメージ 19

イメージ 27


十日町駅でも、対向と列車交換

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 28


JR上越線と並ぶと、終点六日町駅です

イメージ 22

イメージ 23

16:10 六日町駅到着
切符拝見は有りませんでしたね








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年7月25日(月曜日)
北海道&東日本パス

長野駅ー<しなの北線>ー妙高高原駅ー<妙高はねうまライン>ー直江津駅




長野駅に到着、ここから先は、しなの鉄道に移管された、区間ですので、
北東パスが使えません、いったん、改札を出て切符を買わないといけません

イメージ 1

次に乗るのは、13:00発の妙高高原行きです、あと20分くらい有る

イメージ 2

自販機買えるのかと思ったら、まだ、収容されていないようです、
横に窓口が有ります

イメージ 3

移管された北しなの線と上越妙高からの、えちごトキめき鉄道の
通し切符も買えるようです

イメージ 4

直江津までの乗車券を購入、1500円、移管されたので余計な出費ですね
北東パスの通過特例とかは無いようですし

イメージ 5

改札を入る

イメージ 6

しなの鉄道の115系です、妙高高原行き331M

イメージ 7

3両編成ですし、そんなに混む区間ではないようです、だからJRも
移管したのでしょう、余裕でボックス席が独り占め出来ます

イメージ 8

長野駅を出発、右側にあった北陸新幹線が一旦、左側に来ます

イメージ 9

右側にJRの長野車両センターがありますし、飯山線はJRが面倒見ますから
通過特例とかするかと思いましたが、JR東と、しなの鉄道の関係性とか、
篠ノ井駅から長野駅間が欲しい、しなの鉄道、北陸新幹線延伸でも
移管無しですからね

イメージ 10

ここから、山深い地帯へ

イメージ 26


イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

古間駅

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 27

黒姫駅

イメージ 16

上信越自動車道を潜る

イメージ 17

13:34
妙高高原駅、ここから、えちごトキめき鉄道へ移管された区間になります

イメージ 18

ホーム向かい側に、えちごトキめき鉄道のET127系が停まっています

イメージ 19

えちごトキめき鉄道、妙高はねうまライン、直江津行き、2359M
ロングシート

イメージ 20

車内検札来ました

イメージ 21

イメージ 28

北陸新幹線が近づく

イメージ 22

新幹線との接続駅、上越妙高駅、ここは、新幹線駅建設で信越本線の
線路を付け替えた区間ですね

イメージ 23

イメージ 29

イメージ 30


イメージ 24

イメージ 25

14:48 直江津駅に到着








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年7月25日(月曜日)
北海道&東日本パス

松本駅ー<篠ノ井線>ー(篠ノ井駅)ー<信越本線>ー長野駅



松本駅に無事に着きました、次の列車まで少し時間があるので、
ホームでのんびりしております、到着の列車は、高尾の
行き先表示に変わりました

イメージ 1

駅横は松本車両センター、E353系はいまだ試運転でしょうかね、
なかなか営業運転しないですね

イメージ 2

10:52 あずさ3号 南小谷行きが到着しました

イメージ 3

松本駅で、後2両を切り離しするようです

イメージ 4

10:27 大糸線 南小谷に向けて出発

イメージ 5

切り離された車両

イメージ 6

ホームには、長野から来た、リゾートビューふるさと HBE300系
方向変えて大糸線南小谷行きが到着

イメージ 7

これにも乗りたいですね、大糸線を糸魚川まで行く経路も考えたのですが、
時間的に無理だったので、今回はパスです

イメージ 8

松本ー長野(篠ノ井)間は、列車本数少なくなります、特急しなのは
1時間に1本ありますね、


イメージ 9

まだ時間があるので、大糸線と松本電鉄のホームへ移動してみます

イメージ 10

松本電鉄の新島々行き

イメージ 11

10:41 リゾートビューふるさと 南小谷行き 出発

イメージ 26

ホームに有る、蕎麦屋で遅い朝飯を食べることにします

イメージ 12

旅に出ると、財布もゆるみます! 生そばの特上を選択

イメージ 13

イメージ 14

完食後、既に入線している、長野行き普通列車へ、2両編成と短い

イメージ 15

長野行き普通列車、2239M、 E127系100番台

イメージ 16

やはり、車内は混んでいる、閑散区間の普通列車は編成短いし、
本数少ないので、意外に混む、席には有り付けましたが、写真撮る処ではないので
車内で大人しくしてます

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

お馴染みの、姨捨駅でのスイッチバック

イメージ 24

イメージ 20

善光寺平へ向けて下って行く、篠ノ井駅で、しなの鉄道と北陸新幹線が合流

イメージ 21

篠ノ井駅から長野駅までは、北陸新幹線が開通しても
移管されませんでしたね、この機会に移管されるかと思いましたが、
そのままですね

イメージ 25

イメージ 22

イメージ 23

12:28
若干遅れ気味で、長野駅に到着です







 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年7月25日(月曜日)
北海道&東日本パス

甲府駅ー<中央本線>ー(塩尻駅)-<篠ノ井線>ー松本駅




甲府駅で7分停車、車内も一気に空いた

イメージ 1

定刻に甲府駅を出発、荒川を渡る

イメージ 2

イメージ 24


8:24 塩崎駅

イメージ 3

韮崎駅から見える、観音様

イメージ 4

イメージ 5

日野春駅

イメージ 6

スーパーあずさ1号の通過待ち

イメージ 7

イメージ 8

小淵沢駅

イメージ 9

イメージ 25


イメージ 10

高原を行く

イメージ 11

茅野駅手前で中央高速を潜る

イメージ 12

茅野駅、途中から単線区間に入ります、
この区間はダイヤ上のネックですね

イメージ 13

上諏訪駅

イメージ 14

イメージ 26


イメージ 15

岡谷駅、JR東海飯田線の車両が見えます

イメージ 16

中央道を潜る

イメージ 17

イメージ 18

名古屋方面への短絡線

イメージ 19

塩尻駅で暫し停車、長野行きのワイドビューしなの3号が先に出発です

イメージ 28

イメージ 20

塩尻からは、篠ノ井線に入ります

イメージ 27


南松本駅

イメージ 21

松本車両センター横

イメージ 22

イメージ 23

10:16 定刻で松本駅に到着です








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年7月25日(月曜日)
北海道&東日本パス

池袋駅ー<山手線>ー代々木駅ー<中央本線>ー八王子駅ー甲府駅



1日目

今年の夏も、北東パスを使っての旅を計画いたしました、JR東日本管内を
動くなら、青春18切符より俄然お得な切符です、有効期間を目一杯使って
旅を計画いたしました。

安い切符の場合、朝は早いです、なにせ普通列車を乗り継がなければ行けません、
この辺は、18切符と同じです。

イメージ 2


始発で池袋駅へ、北東パスは自動改札が使えるのも、有りがたい、18切符の
スタンプを貰うのに、以外と朝の池袋駅の有人改札が混んでいる場合があって、
焦るときがありますから。

山手線の内回りに乗車

イメージ 1

中央線に乗り換えですが、新宿ではなくて代々木で乗り換えます
駅の構造上、山手線内回りと中央線下り方面は、同一ホームで乗り換えが
出来ます、新宿駅はこの時間でも混雑してますから、この乗り換えの方が楽です

551T 高尾 行きに乗ります

イメージ 3

イメージ 26


豊田車両センター横を通過

イメージ 4

次の列車が八王子始発なので、八王子で下車

イメージ 5

E257系の回送を見送る

イメージ 6

後の高尾行きを見送る

イメージ 7

松本行き429Mが入線、211系です

イメージ 8

席も確保出来て、松本までのロングランです

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 27


高尾駅を出ると、風景が山岳路線に一変します
圏央道を潜る

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

大月駅に到着です、計画段階では富士急行線も乗りたかったのですが、
北東パスのフリーエリアから、富士急行が外れてしまったようです、
まだ未乗の富士急線を今回は諦めました。

イメージ 16

イメージ 28


イメージ 17

イメージ 29


イメージ 18

甲府盆地

イメージ 19

塩山駅

イメージ 20

石和温泉駅から、学生さん多数乗車

イメージ 21

一駅先の酒折駅で学生さん達は下車

イメージ 23

イメージ 30


左側に、身延線が併走

イメージ 22

イメージ 24

イメージ 25

8:09 甲府駅に到着、ここで少し停車時間が有る










 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月16、17日(月、火曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線 
近畿日本鉄道 名古屋線

名鉄名古屋駅・・近鉄名古屋駅・・名鉄名古屋駅・・名鉄バスセンター
ーバスタ新宿




名鉄名古屋駅で少し観察後、せっかくだから近鉄も見ておこう

イメージ 1

名鉄名古屋駅の横に近鉄名古屋駅が有る構造です

イメージ 2

イメージ 3

下手に列車に乗ってしまって、事故で戻れなくなると最悪なので、入場券を
購入して、近鉄名古屋駅を楽しむ、2時間以内有効です

イメージ 4

伊勢志摩サミットがあるので、近鉄も大変ですね、鵜方駅までしか
行かないんですね

イメージ 5

近鉄特急は本数多いですからね、伊勢志摩ライナーが到着

イメージ 6

ビスタEXの賢島行き、6両編成ですから、前側に2両付いてます

イメージ 7

汎用特急車が到着、12200系

イメージ 8

イメージ 9

近鉄駅内にJRの切符売り場があります、そのまま連絡改札でJRに
いけますね

イメージ 10

近鉄名古屋駅の横が名鉄名古屋駅、連絡改札があります
昔は、名鉄と線路が繋がっていたらしいです

イメージ 11

さあ、名鉄名古屋駅に戻って、駅ナカの吉野家で食事をしましょう

イメージ 12

イメージ 13

店内から、豊橋方面のホームの様子

イメージ 14

名鉄の名古屋駅はカオスですね、神宮前から犬山線の分岐まで、複々線とかに
出来ないもんでしょうかね?、そうゆう計画とか無いのかな?

イメージ 15

ホームは、真ん中の島ホームが降車用に使って、捌いているようです

イメージ 16

時間も、22時に近づきました、そろそろ名鉄バスセンターへ
コインロッカーから荷物回収

イメージ 17

5番乗り場から、バスが出ます、新宿行き、1本早い名鉄バスの
運行便が先です

イメージ 18

22時30分 名鉄便が出発します

イメージ 19

京王バス便が来ました

イメージ 20

帰りも、最後部のひとりだけシートを取りました

イメージ 21

空いていると、ありがたみがないですけれどね

イメージ 22

春日井から高速へ

イメージ 23

中央高速を進む

イメージ 24

55分で到着予定

イメージ 25

雨ですね・・・

イメージ 26

イメージ 27

まもなく新宿

イメージ 28

5:50 バスタ新宿到着です

イメージ 29

埼京線に乗るには新南改札便利ですね

イメージ 30

今回は、名鉄を初めて乗り潰してみました、名鉄は奥がまだまだ深そうです
今回の旅も無事終了です


おわり









 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月16日(月曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線 常滑線 築港線
名古屋臨海高速鉄道 あおなみ線

金城ふ頭駅ー名古屋駅・・名鉄名古屋駅ー神宮前駅ー大江駅ー金山駅
ー名鉄名古屋駅




リニア・鉄道館の見学を終えて、後は夜のバスまで時間つぶしをしようと思います

イメージ 1

シロツメグサが広がってます

イメージ 2

金城ふ頭駅へ

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

名古屋駅へ戻りました

イメージ 6

JRの名古屋駅も、いまいち良く判らんな

イメージ 7

名鉄を観察するため、名鉄名古屋駅へ

イメージ 8

駅構内に吉野家がある!

イメージ 9

取りあえず、明るいうちに、神宮前駅へ

イメージ 10

外側が名古屋線、内側が常滑線

イメージ 11

乗務員はここで交代するようです

イメージ 12

イメージ 13

17時を過ぎて、日が傾いてきたので、築港線運転時間ですので
大江駅まで行ってみます

イメージ 14

イメージ 15

築港線ホームへ

イメージ 16

大江駅の横に、なにやら鉄道施設があるんですよ

どう見ても駅だよね、しらべたら、矢作建設という、名鉄のグループ企業で
鉄道施設なんかも作る会社のようですね、実習施設のようです

イメージ 17

到着した築港線の5000系を見て、スタフ閉塞運転ですね


イメージ 18

築港線には乗らずに、戻ります、金山で降りて観察

イメージ 19

金山駅は、両側をJRに挟まれた、面白い駅ですね

イメージ 20

暫し観察後、名鉄名古屋駅へ

イメージ 21

帰宅時間ラッシュですね、このホームで客を捌く、名鉄の運用を観察

イメージ 22








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月16日(月曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線 犬山線
名古屋臨海高速鉄道 あおなみ線

ホテル・・岩倉駅ー名鉄名古屋駅・・名鉄バスセンター・・名古屋駅ー金城ふ頭駅



遠征最終日です、ホテルの窓から外を見てみる、岩倉周辺は住宅地なんですね、
天気も、曇り空な感じです

イメージ 1

テレビで天気を確認、やはり天気は悪そうです

イメージ 2

今日も有効な乗車券

イメージ 3

身支度して、8時半ころ、ホテルをチェックアウト

イメージ 4

イメージ 5

平日だし、名古屋方面の特急は混んでいます、急ぐ必要がないので、
岩倉始発の普通列車で行きます

普通 東岡崎行き

イメージ 6

変わったヘッドサボが刺さっている

イメージ 7

20分ほどで名鉄名古屋駅に到着

イメージ 8

まず、夜乗る高速バスの乗り場へ、コインロッカーに荷物を預けて身軽になる

イメージ 10

イメージ 9

では、最終日の予定を消化しましょう、JR東海のリニア鉄道館へ行こうと
思います

あおなみ線へ乗るために、名古屋駅の反対側に行かないといけません
薄暗いガードを潜って、反対側へ向かいます

イメージ 11

あおなみ線の改札へ、モバイルSuicaが使えます

イメージ 12

久々のあおなみ線です、昔、隣のささしまライブ駅まで往復した以来です

イメージ 13

01編成が来た

イメージ 14

終点まで行くのは初めてです、相変わらず4両編成ですか、経営は良くないような
話を聞きますが、沿線開発進まないようですね

イメージ 15

イメージ 16

民家が建つような場所でないですからね

イメージ 17

イメージ 18

名港トリトン

イメージ 19

リニア鉄道館が見えてきました

イメージ 20

イメージ 21

金城ふ頭駅


つづく









 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト


2016年5月15日(日曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線 常滑線 空港線 各務原線 犬山線

中部国際空港駅ー名鉄岐阜駅ー犬山駅ー新鵜沼駅ー岩倉駅・・ホテル



さて、セントレアに来ました、次はどうしましょうか?・・・

イメージ 1

折り返しの特急の10分後にミュースカイが有るので、それに乗ってみましょう
青いミュースカイ、全車特別車になっています

イメージ 2

イメージ 3

ミューチケットは特に変わり無しです、360円

イメージ 4

イメージ 5

ミュースカイは停車駅が少ないです

イメージ 6

冊子などを見て

イメージ 7

神宮前駅

イメージ 8

金山駅停車で、次は名鉄名古屋駅

イメージ 9

名鉄名古屋駅

イメージ 10

犬山線との分岐

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

名鉄岐阜駅到着

イメージ 15

次は、各務原線へ

イメージ 16

2両編成の普通 犬山行きに乗車

イメージ 17


イメージ 18

犬山駅、

イメージ 19

暫し観察後、急行の名鉄岐阜行きに乗り、新鵜沼へ行きます

イメージ 20

新鵜沼駅、一旦改札を出てみる

イメージ 21

本日ラストは、特別車で

イメージ 22

イメージ 23

岩倉駅到着で、ホテルへ戻ります

今日使った切符など

イメージ 24

いよいよ明日は、最終日です

3日目行程

ホテル・・岩倉駅ー犬山駅ー上飯田駅ー犬山駅ー豊橋駅ー名鉄岐阜駅ー
中部国際空港駅ー名鉄岐阜駅ー(各務原線)ー犬山駅ー
新鵜沼駅ー岩倉駅・・ホテル

35.8k+116.8k+99.8k+71.1k+71.1k+19.5k+1.9kk+17.1k

乗車距離は433.1キロ








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月15日(日曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線 常滑線 河和線 空港線
JR東海 飯田線 東海道本線

豊橋駅ー名鉄岐阜駅ー中部国際空港駅



豊橋駅に着きました、ミューチケットは豊橋行きだと回収される見たいですね
さて、とって返して名鉄岐阜行きに乗車です

イメージ 1

フリーきっぷの元を取れ!でございます

イメージ 2

飯田線関係の車両基地が有る

イメージ 3

飯田線と分岐

イメージ 4

舞木車庫に青い機関車がいる

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

工事中の知立駅、どんなふうに、駅が変わるんでしょうか

イメージ 8

イメージ 9

神宮前駅

イメージ 10

名鉄名古屋駅を過ぎて、犬山線との分岐

イメージ 11

国府宮神社の鳥居らしい

イメージ 12

14:07
名鉄岐阜駅到着

イメージ 13

さて、次はセントレアだ!

イメージ 14

相変わらず、行き先表示が見えにくい!

イメージ 15

イメージ 16

お客さんは少ないです

イメージ 17

神宮前駅を出て、常滑線へ

イメージ 18

太田川駅を出て、河和線と分岐

イメージ 19

常滑駅

イメージ 20

空港線へ

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

15:36
中部国際空港駅に到着




 ↓ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!↓





 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月15日(日曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 犬山線 小牧線 名古屋本線
名古屋市営地下鉄 上飯田線
JR東海 飯田線 東海道本線

上飯田駅・・松屋・・上飯田駅ー犬山駅ー豊橋駅




 さて、上飯田駅で小牧線を乗り潰しましたので、これで、名鉄全線乗ったことに
成ります、瀬戸線が夜だったのが残念ですが、またの機会まで取っておきます

イメージ 1

ここから先が名古屋市営地下鉄です、なかなか、名古屋市は
名鉄に厳しいですね、名古屋市内の都心部には行かせてくれないようです

地下駅はホームドアも有る

イメージ 2

上飯田駅周辺は、どんな感じか外に出てみましょう
路線バスの発着場に成っているんですね

イメージ 3

日曜日のせいか、人気が少ない上飯田駅、都心に向かう人は、そのまま
平安通駅まで行って、乗り換えるんですね

なぜか、天井から水がジャバジャバ漏れている・・・

イメージ 4

イオンが見える、この通りの先に、平安通駅方面

イメージ 5

松屋があったので、遅い朝食を取る

イメージ 6

名鉄全線乗ったので、後は今日1日名鉄を適当に乗りましょうか
犬山駅に小牧線で戻りましょう

イメージ 7

名古屋市交の7000形が来た、2編成しかないレア車

イメージ 8

イメージ 9

小牧の名古屋空港って、まだ使っているのかな?、セントレア出来たから
微妙な路線ですね

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

犬山駅へ

イメージ 13

豊橋行きの特急へ乗りますかね

イメージ 14

パノラマスーパーです、展望席では無い方に乗ります

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 18

11:32 名鉄名古屋駅

イメージ 17

11:59 新安城駅

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

下地駅を通過

イメージ 24

船町駅を通過

イメージ 25

東海道線が追いついてきた

イメージ 26

イメージ 27

豊橋駅到着、ミューチケットは、国府駅を出て車内で回収されてしまった!!





 ↓ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!↓





 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト



国内最大級の宿・ホテル 予約サイト


2016年5月15日(日曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 犬山線 小牧線
名古屋市営地下鉄 上飯田線

ホテル・・岩倉駅ー犬山駅ー上飯田駅




3日目の朝、今日は、やり残しの小牧線が最初のミッションです
天気も上々のようです

イメージ 1

8:20ころ、ホテルを出発、岩倉駅に向かう
あれ、セブンイレブンが有るぞ!、気がつかなかったな

イメージ 2

今日はどうしましょうか・・・、また名鉄2DAYフリーきっぷを購入します
2枚目の購入

イメージ 3

小牧線に乗るために犬山へ向かいます、快特が来る

イメージ 4

一般車に乗ります

イメージ 5

8:47 犬山駅到着

イメージ 6

小牧線に乗り換えです、小牧線用の300系 普通 平安通 行き

イメージ 7

小牧線の路線図、上飯田から地下鉄上飯田線に直通します、この路線も
なんか曰くが有りそうですね、

イメージ 8

沿線はやはり田園風景ですね

イメージ 9

単線ですが、複線用地が確保されています

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

所々、高架化されているようです、高架は複線分で作られている

イメージ 13

高架の味岡駅、片側は使われていないようです

イメージ 14

ここは単線高架です

イメージ 15

横は、廃止になったピーチライナーの遺構

イメージ 16

今度は、地下へ

イメージ 17

小牧駅、地下駅なんですね、

イメージ 18

小牧駅を出発、複線です

イメージ 19

小牧口駅を出ると高架に登る

イメージ 20

間内駅

イメージ 21

牛山駅

イメージ 22

イメージ 23

春日井駅を出る、中央本線にも同名駅があるが、5キロ位離れています

イメージ 24

味美駅を出発

イメージ 25

味椀駅を出ると、地下へ入る

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

小牧線の終点、上飯田駅に着きましたので、下車します、
この先は、名古屋市営地下鉄の上飯田線に直通しますが、次の駅が
終点の平安通駅です








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月14日(土曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 豊田線 瀬戸線 犬山線
名古屋市営地下鉄 鶴舞線 東山線

赤池駅ー伏見駅ー栄駅・・栄町駅ー尾張瀬戸駅ー栄町駅・・栄駅
ー伏見駅ー(上小田井駅)ー岩倉駅・・ホテル



名鉄豊田線を乗り終えて、赤池駅から先は名古屋市営地下鉄鶴舞線に
相互直通運転しています、時間的に日も暮れてしまいましたので、
取りあえず、瀬戸線だけ乗って帰ることにしました

一旦赤池駅の改札を出て

イメージ 1

さて、瀬戸線に乗りたいから、栄駅に行かないといけませんね・・・
名古屋市交通局では土日休日専用のフリーきっぷが出ています
それを購入しました、600円

イメージ 2

鶴舞線に乗車します

イメージ 3

栄に行くには何所で乗り換えれば良いのやら・・・、路線図見ながら
伏見駅で乗り換えます

イメージ 4

さて次は、東山線か・・

イメージ 5

東山線にはホームドアがあるんですね

イメージ 6

栄駅で降りて、名鉄瀬戸線に乗り換えです

イメージ 7

名鉄と名古屋市交通局の関係は良いのでしょうかね?、瀬戸線はなぜ
名古屋に延伸しないのかな?、名古屋に直通だと便利な気がしますがね

名鉄瀬戸線 栄町駅に向かって歩く、地下鉄は栄駅なのに名鉄は
栄町駅なのだ、同じ駅名にしないところも微妙な関係みたいだね

イメージ 8

名鉄栄町駅の改札に、名鉄電車2DAYフリーきっぷを挿入、ちゃんと使える

イメージ 9

イメージ 24

地下駅なんだよね

イメージ 10

瀬戸線には4000系が使われているようです、島ホームの片面に
電源落とした4000系が留め置きされています

イメージ 11

瀬戸線発乗車で、尾張瀬戸を目指します

イメージ 12

すっかり暗くて、ちょっと残念です

イメージ 13

イメージ 25


37分の乗車で、終点尾張瀬戸駅に着きました

イメージ 14

暗いですが、尾張瀬戸駅の改札を出て駅前を見て

イメージ 20


さあ、帰りましょう、栄町行きに乗車

イメージ 15

イメージ 16

さっきの逆コースで戻ります

イメージ 17

伏見駅から鶴舞線に乗り換え、丁度、岩倉行きが来たぞ

イメージ 18

上小田井駅から名鉄犬山線に直通してくれます、そのまま乗っていこうと思ったら
向かい側に来た、普通が先に出発するというので、乗り換えます

イメージ 19

イメージ 21

22:24 岩倉駅に着きました

イメージ 26


イメージ 22

さあ、ホテルへ戻る、

イメージ 23

名鉄全線乗り潰しは、小牧線が残ってしまいました、明日乗ろう!


2日目の行程

ホテル・・岩倉駅ー(犬山駅)ー新可児駅ー御嵩駅ー(新可児駅)ー
犬山駅ー(新鵜沼駅)ー名鉄岐阜駅ー(笠松駅)ー(新木曽川駅)ー
(名鉄一宮)(国府宮駅)ー(名鉄名古屋駅)ー(金山駅)ー(神宮前駅)
ー知立駅ー碧南駅ー知立駅ー(新安城駅)ー吉良吉田駅ー蒲郡駅ー豊橋駅
ー国府駅ー豊川稲荷駅ー(国府駅)ー知立駅ー猿投駅ー梅坪駅ー豊田市駅
ー赤池駅ー伏見駅ー栄駅・・栄町駅ー尾張瀬戸駅ー栄町駅・・栄駅
ー伏見駅ー(上小田井駅)ー岩倉駅・・ホテル

37.5k+41.8k+75.2k+65.6k+17k+16.8k
+62k+5.6k+16.6k+14.4k+20.6k+20.6k
+8k+6.2k

乗車距離は407.9キロ








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月14日(土曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線 豊川線 西尾線 三河線 豊田線
JR東海 飯田線
名古屋市営地下鉄 鶴舞線

豊川稲荷駅ー(国府駅)ー知立駅ー猿投駅ー梅坪駅ー豊田市駅ー赤池駅




豊川線を終了しましたので、次は三河線の山線側に乗りに行きましょう、
折り返しの、準急 名鉄一宮行きに乗車

飯田線側は複線です

イメージ 1

名古屋本線と合流すると、国府駅

イメージ 2

国府駅から名古屋本線に直通

イメージ 3

本宿駅

イメージ 4

イメージ 19

舞木検査場

イメージ 5

東岡崎から準急から急行に種別変更されます

イメージ 6

西尾線との分岐駅、新安城駅

イメージ 7

知立駅に戻りました

イメージ 8

三河線の山側を攻めます

17:50発 猿投行きに乗車します

イメージ 9

2両編成です、結構混んでますね

イメージ 10

イメージ 20

名鉄本線を潜る

イメージ 11

イメージ 12

豊田市駅まで混んでいましたが、先は空きました

終点猿投駅、昔はこの先まで有ったようですが、廃線になってしまいました

イメージ 13

猿投駅横には車庫がある

イメージ 14

イメージ 21


梅坪駅、ここから豊田線が分岐しているのですが、豊田線の列車は、
豊田市駅まで直通運転されているようです

名古屋市営地下鉄鶴舞線の車両も乗り入れている、向こうは6両編成です

イメージ 15

一応、豊田市駅まで行って、豊田線に乗ります
名古屋市交通局の乗り入れ車両、上小田井行きに乗車

イメージ 16

赤池駅で名鉄豊田線は終わりです、ここから先は地下鉄鶴舞線です

イメージ 17

イメージ 22


赤池駅で一旦下車します、このまま乗って犬山線上小田井駅まで直通するのですが、
キセルが出来てしまいますね・・・

イメージ 18









 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月14日(土曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線 豊川線
JR東海 東海道本線 飯田線

豊橋駅ー国府駅ー豊川稲荷駅




JR東海道本線で豊橋駅、蒲郡駅からモバイルSuicaで乗ったので、一旦
改札を出て入り直します

イメージ 1

さて、18きっぷなどで豊橋駅で名鉄を観察しましたが、ここから乗るのは
初めてです

JRに間借りで乗り入れる名古屋鉄道、専用ホームの駅名表は次の駅を
名鉄の伊奈駅に成っています

イメージ 2

裏側の飯田線の方は、船町駅

イメージ 3

到着の特急 名鉄岐阜行きの一般車に乗ります

イメージ 4

16:15 豊橋を発車

イメージ 27

飯田線と共用の線路を進む、前面展望で観察、左側の複線が東海道本線、

少し離れて右側に豊橋に向かう、飯田線と名鉄の共用線路

イメージ 5

東海道本線から離れる

イメージ 6

飯田線との分岐地点、右側が飯田線、左側が名鉄線

イメージ 7

左方面に進み、豊橋方面の名鉄線と合流

イメージ 8

伊奈駅を通過

イメージ 9

小田渕駅を通過

イメージ 10

イメージ 11

右側から、これから乗る豊川線が合流

イメージ 12

16:22
国府駅に到着

イメージ 13

豊川線は、直通の準急が来るようです

イメージ 14

ホームを移動して、準急 豊川稲荷行きが到着

イメージ 15

後続の特急の豊橋行きと連絡して、国府駅を出発
単線を進む、高架化されているところもあるようです

イメージ 16

八幡駅で、名鉄一宮行きと交換

イメージ 17

高架化は、八幡駅周辺だけのようですね、直ぐに地上へ

イメージ 28


イメージ 18

稲荷口駅でも、普通 国府行きと交換

イメージ 19

飯田線とここで合流、豊川行きが追いかけてきた、豊橋16:27発の
439G列車、豊橋を13分後の出発ですね飯田線の方が所要時間が短いですね

イメージ 20

豊川線終点、豊川稲荷駅に到着

イメージ 21

イメージ 22

向こうが、JRの豊川駅

イメージ 23

一旦改札を出て戻る

イメージ 24

折り返しの、名鉄一宮行きに乗車します

イメージ 25

国府駅から普通列車が到着

イメージ 26








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月14日(土曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 西尾線 蒲郡線 名古屋本線
JR東海 東海道本線 飯田線

吉良吉田駅ー蒲郡駅ー豊橋駅




吉良吉田駅から蒲郡線です、昔、三河線が碧南から吉良吉田まで延びていました
が、廃止になってしまいました

昔は、線路繋がっていて、向こうから三河線が来ていた

イメージ 1

廃止区間を走る ふれんどバス

イメージ 2

2両編成、客は少ないです

イメージ 3

イメージ 27

太陽光発電パネルが見られます

イメージ 4

イメージ 28


イメージ 5

東幡豆駅

イメージ 6

海にも近いところを走ります

イメージ 7

こどもの国駅、東急にも有りますね

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 29

西浦駅で交換待ち

イメージ 11

単線で踏切が有る路線ですが、国道247号を高架で越える

イメージ 12

蒲郡競艇場前駅

イメージ 13

横には、JR東海 東海道線の三河塩津駅 駅名が違う

イメージ 14

東海道線と併走しながら、高架を上がる、コンテナ貨物に追い抜かれる

イメージ 15

蒲郡駅に到着

イメージ 16

JR東海とは高架で並ぶ

イメージ 17

イメージ 18

駅前にヨット、マスト長い

イメージ 19

次は、蒲郡線で戻ると時間掛かるので、JRで豊橋に出ることにします、
改札は、豊橋と違って別々です

快速 豊橋行きが、もうすぐ来ます

イメージ 20

313系が来ました

イメージ 21

三河三谷駅

イメージ 22

名鉄名古屋本線と飯田線の線路が近づいてきました

イメージ 23

飯田線下地駅横を通過

イメージ 24

船町駅横を通過

イメージ 25

豊橋駅に到着です

イメージ 26







 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月14日(土曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線 三河線 西尾線 蒲郡線

知立駅ー(新安城駅)ー吉良吉田駅



三河線の海側を乗り終えて、知立駅に戻りました
山線は取りあえず、乗らずに、名古屋本線を進むことにします

イメージ 21

三河線の山線側、猿投行きが止まっています

イメージ 1

快速特急 豊橋行きが来ました

イメージ 26


イメージ 2

9分後に、西尾線直通の吉良吉田行きが来るようなので、それを待つことにします

イメージ 3

西尾線直通 急行 吉良吉田行きに乗車します

イメージ 4

イメージ 5

2つ先の、新安城駅から西尾線に直通します

イメージ 6

西尾線を進みます

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 7

西尾駅、高架駅で周りも栄えているように感じます

イメージ 8

名古屋本線から直通急行が運転されているのが解る気がしますね

イメージ 9

西尾駅を出て先に進むと、田園風景も見られます

イメージ 10

福地駅

イメージ 11

矢作古川を渡る

イメージ 12

イメージ 13

この車両も、速度が表示されるんですね

イメージ 14

イメージ 15

まもなく西尾線の終点、吉良吉田駅です

カーブの吉良吉田駅に到着

イメージ 16

イメージ 17

次は、蒲郡線です

イメージ 18

蒲郡線は、改札が別ですね、この辺も、廃止が視野に入っているのかな

イメージ 19

西尾線と蒲郡線のホームは、扇状に配置されてます

イメージ 20

蒲郡行きは、停車しています

イメージ 25










 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月14日(土曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線 三河線
JR東海 東海道本線

(神宮前駅)ー知立駅ー碧南駅ー知立駅




神宮前駅からは、名古屋本線の未乗区間に入ります

イメージ 1

神宮前駅を出ると、常滑線、JR東海道本線と分かれて進む
東海道本線を検測車が走ってきましたね

イメージ 2

プリンターでお馴染み、ブラザー工業は地元の会社ですね

イメージ 3

名古屋市内の住宅街を進む

イメージ 4

高架の鳴海駅を通過、日本車輌が近くです

イメージ 5

豊明駅を通過

イメージ 6

イメージ 7

線路が付け替えられてますね

イメージ 8

右側の線路は使われなくなったのか、錆びてます、
まもなく、知立駅です

イメージ 9

12:38
工事中の知立駅に到着、下車します

イメージ 10

イメージ 11

さて、知立から三河線の海線を乗りましょう

イメージ 12

乗り換えのため跨線橋を渡る、ここも高架化する途中なのでしょうかね

イメージ 13

さあ三河線です

イメージ 14

三河線は、知立駅に向かって山線、海線が合流する配線になって居るんですね

海線の碧南行きに乗ります

イメージ 15

イメージ 18

2両編成なので、最初は、混んでいましたが、JR東海道本線の乗換駅
、刈谷駅で空きました

イメージ 19


イメージ 16

終点、碧南駅へ到着

イメージ 17

イメージ 20

昔は、この先、吉良吉田まで線路が繋がって居たんですが、
廃線に成ってしまいました

イメージ 21

折り返すしかないので、乗ってきた同じ列車で知立へ戻ることにします、
廃線区間の代替え路線バスが有るようなので、それに乗るのも面白そうですね

イメージ 22

イメージ 23

刈谷駅、ここで降りる客が多いようです、JR東海とは、競合しています

イメージ 24

イメージ 25


海線を乗り終えて、知立駅に戻りました







 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月14日(土曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線

名鉄岐阜ー(笠松駅)ー(新木曽川駅)ー(名鉄一宮)(国府宮駅)
ー(名鉄名古屋駅)ー(金山駅)ー(神宮前駅)




名鉄名古屋本線パノラマスーパーの展望席で堪能します
側面の表示もやはり見にくい感じがします、もっと
クッキリしないもんでしょうかね?

イメージ 1

特別車先頭へ

イメージ 2

バリアフリーとはいかないですね

イメージ 3

前面展望は最高です、運転席は下に配置されています

イメージ 4

展望席車内

イメージ 5

指定席は2列目なので座って発車を待つ、この時間は岐阜から特別車を
使う人は少ないようです、しばらくしたら子供が先頭の座席に座りました

JRの岐阜駅、綺麗に整備されています、少し離れているのがなんとも
JRと名鉄の関係を表しているのかな

JR岐阜駅に名古屋本線の乗り入れる計画も有ったようですが、実現せず、
この形のまま、JR岐阜駅周辺は綺麗に整備されました

イメージ 6

さあ、出発です、直ぐに単線を進みます

イメージ 7

イメージ 8

単線の弊害、入線待ちさせられる普通列車

イメージ 9

岐阜の古い町並みを進む

イメージ 10


11:52 笠松駅

イメージ 11

笠松競馬場

イメージ 12

東海道本線と、ここで併走

イメージ 13

高架に上がると、名鉄一宮

イメージ 14

特急しらさぎ が来た、時間的にしらさぎ7号金沢行きでしょう

イメージ 15

田園の中を進む、大きなマンション

イメージ 16

12:04 国府宮駅

イメージ 17

須ヶ口駅を通過

イメージ 18

中央が通過線の二ツ杁駅

イメージ 19

東海道本線を潜ると小さいホームが面白い、西枇杷島駅
2面4線、ホームは短い

イメージ 20

左側から犬山線と合流すると、庄内川を渡る

イメージ 21

新幹線が見えてきた

イメージ 22

栄生駅手前、ミュースカイが車庫に止まっている

イメージ 23

栄生を通過して、地下へ

イメージ 24

12:16
名鉄名古屋駅に到着、ここから乗ってくる人が増えました

イメージ 25

名鉄名古屋を出ると、地上高架へ駆け上がる

イメージ 26

イメージ 31

イメージ 27

右が東海道本線、左が中央本線、JRに挟まれる、名鉄名古屋本線

イメージ 28

金山を出ると中央本線が離れ、名鉄の複々線区間

イメージ 29

12:24 神宮前駅

イメージ 30








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月14日(土曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 広見線 犬山線 各務原線 名古屋本線

御嵩駅ー(新可児駅)ー犬山駅ー(新鵜沼駅)ー名鉄岐阜駅



広見線を御嵩まで来ました、棒線駅で折り返すしかないですね、運転系統も
分断されていますし、名鉄は廃止も視野に入れている感じですね、昔は特急も
直通で来ていたようです

イメージ 1

駅前のロータリーも綺麗に整備されています

イメージ 2

折り返しの新可児行きで戻ります、明智駅は列車交換可能になってます

イメージ 3

イメージ 4

新可児駅手前のカーブ、ちょうど犬山方面から列車が到着です

イメージ 5

新可児駅の中間改札

イメージ 6

普通 中部国際空港行きに乗車

イメージ 7

朝の人身事故の影響がまだあるようです

イメージ 26


犬山駅手前の車庫、新型の電気機関車2両

イメージ 8

犬山駅で乗り換えです、次はどこに行きましょうか、小牧線もあるしね

イメージ 9

奥から攻めるか、普通 名鉄岐阜行きがあるので、乗ります、
2両編成の各務原線直通、名鉄岐阜行きです

イメージ 27

昔、車と共用だった木曽川の橋を渡る

イメージ 10

新鵜沼駅で犬山線から各務原線に直通します、2両編成と短いから
以外に人が多い

新鵜沼を出ると、ほぼJR高山本線と併走してます、向こうも
岐阜駅へ繋がっていますからね・・

岐阜駅手前へ、高山本線をオーバーパス、非電化単線です

イメージ 11

イメージ 28

11:15
名鉄岐阜駅に到着、各務原線は地上のホームです

イメージ 12

向かい側の普通 犬山行きが出発して行きました
ここに、昔、路面電車の岐阜市内線が発着していたんですね

イメージ 13

これで、犬山線、各務原線をのりつぶしました、次は本線系統で
先を潰しましょうか

イメージ 15

階段を上がって、名古屋本線ホームへ

イメージ 14

イメージ 16

豊橋行きの快特にのりますか

イメージ 17

ミューチケット買います、知立まで

イメージ 18

横にある構内売店で昼飯を購入、ファミマです

イメージ 19

普通列車が顔洗いです

イメージ 20

到着の急行、3150系 名鉄の行き先表示、見えにくいですね

イメージ 21

ここに快特が到着します、前からとなっているのは、
切り離しされるんでしょうかね

イメージ 22

到着です

イメージ 23

前側が特別車、パノラマスーパーです

イメージ 24

前側で単線区間を見る、しかし、なんで単線区間残したんだろうね?
昔,JRが下を走っていたわけだから、高架工事の時に解消すればいいのにと、
思うんですが、JR高架下だけ単線なんだよね

イメージ 25








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月14日(土曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅

名古屋鉄道 犬山線 広見線

ホテル・・岩倉駅ー(犬山駅)ー新可児駅ー御嵩駅



中京2日目の朝、目覚めも良いです、天気を確認

イメージ 1

天気も上々のようです、さて残りの名鉄線を、どう乗り潰すかな
ホテルの無料朝食をさっさと食べて、部屋に戻る

テレビで、名鉄線の運転再開のテロップが流れる、昨日に続き、今日も
人身事故があったようですね、東岡崎あたりらしい・・・

名古屋方面はまた混乱してそうなので、逆方面に行くかな

イメージ 2

2日間有効のフリーきっぷ、残りの名鉄線を全部乗れるかな?

イメージ 4


8:40 ホテルを外出、駅まで歩く、新しく出来た建物が目立ちます、
再開発されたんでしょうね

イメージ 3

岩倉駅、地下の改札口

イメージ 5

まだ列車運転が混乱していそうな、名古屋方面ではなく、犬山方面ホームへ
準急 新可児行きに乗車します

イメージ 6

イメージ 24

イメージ 7

イメージ 8

犬山駅でスイッチバックして、広見線に入ります
車庫がある、名古屋市交通局の7000形と、向こうに電気機関車が留まってる

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 25


9:34 西可児駅

イメージ 11

9:39 日本ライン今渡駅

イメージ 12

JR太多線と併走すると、新可児駅に到着

イメージ 13

新可児駅に到着、この先は運転系統が分断されてます、JRの方は可児駅ですね

イメージ 14

イメージ 15

折り返しは、普通 中部国際空港行きになります

イメージ 16

駅構内改札で分断されています、2両編成の御嵩方面に乗車します

イメージ 17

イメージ 26


9:50
昔、八百津線が分岐していた、明智

イメージ 18

八百津線も乗りたかったですね・・

イメージ 19

可児川を渡る

イメージ 20

これ、スーパーらしいけど、岩倉にも有ったな、
中京を中心に結構店舗有るみたいです

イメージ 21

9:55
終点の御嵩に到着いたしました

イメージ 22

イメージ 23









 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月13日(金曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 尾西線 津島線 名古屋本線

津島駅ー弥富駅ー(津島駅)ー(須ヶ口駅)ー名鉄名古屋駅・・デニーズ・・
名鉄名古屋駅ー(東枇杷島駅)-岩倉駅・・ホテル




津島駅で乗り換えです、この先、弥富駅まで尾西線ですが、この先へ行くのは、
津島線から直通してきた列車が担当のようです

イメージ 1

高架島ホームの津島駅、学生が多い
途中の佐屋行きを見送り、その後の弥富行きに乗ります

イメージ 2

ステンレスの5000系でした

イメージ 3

弥富駅に到着、なるほど、ここもJR東海と共用駅ですね、名鉄は
隅っこのホーム1面だけ、JRとは線路繋がって無いようです、
折り返すだけ

イメージ 4

片面は、関西本線が使います、改札口は片側しかないようですね

イメージ 5

弥富駅は地上にある駅の中で日本一低い駅だそうです、ー0.93m
伊勢湾台風で冠水して被害甚大だったようだし、

JR東海の管理駅でしょうし、豊橋駅と同じで肩身狭いですね

イメージ 6

さて、朝から動いていたので、流石に疲れてきました、名鉄名古屋に戻って
荷物回収して、ホテルにチェックインしなければ

乗ってきた列車は、折り返しで普通 豊明行きになるようです、
このまま乗っていれば、名鉄名古屋まで運んでくれる

客はやはり、学生が多いようです、津島駅から、津島線に入り、
須ヶ口駅で名古屋本線に入る

イメージ 7

そして、名鉄名古屋駅に到着、

イメージ 9

左右の扉が開く、降りる人は中央のホームへ降りるようですね、
夕方で人が多い

イメージ 8

良くこれで、客を捌いているな・・・
特別車へ乗る人は、真ん中のホームからなんだね

イメージ 10

名鉄名古屋駅へは、2両編成から8両編成まで、
長さの違う列車が到着するようです、この辺も凄いところです

名鉄の連結器、ゴツイですね

イメージ 11

17時を過ぎていますので、ホテルに行く前に、名古屋で食事をしていくことにします、なにせ、取ったホテルが岩倉駅の側なので、食事出来るところが無いとこまるので

駅を出て、新幹線側の方をプラプラして、デニーズを発見、そこに入ります

イメージ 12

肉が食べたかったので、ローストビーフ丼にカキフライ付けた

イメージ 13

しっかり食べて、名鉄名古屋駅へ戻る

イメージ 14

コインロッカーから荷物を回収

イメージ 15

おや、伊勢志摩サミットの影響で、ロッカー使用禁止になるようです

イメージ 16

帰宅ラッシュ時間の名鉄名古屋駅ホームへ、岩倉駅は犬山線ですね、
間違えないように乗らなければ

 
イメージ 17

急行の新鵜沼行きに乗れば良いんだな、その後が普通岩倉行きだけど、岩倉は
特急停車駅だから、急行に乗っても大丈夫

イメージ 18

庄内川を渡ったところで、右に分岐して犬山線に入る、
無事に岩倉駅に着いた

イメージ 19

ホテルは何所かな・・・

イメージ 20

グーグルマップを見ながら駅からは近いです、コンビニが見あたらないな、
直ぐ住宅地という感じかな

19:30
今日から3泊お世話になる、ホテルセレクトイン岩倉駅前、名古屋駅周辺で
取りたかったんですが、最近はビジネスホテルが、どこも満室で予約が取れない
し、値段が高い、ネットで探した結果、ここに成りました

イメージ 21

チェックインを済ませ部屋へ、良くあるビジネスホテルですね
部屋としては十分です、昼間は外出だしね

イメージ 22

連泊客には、電源用のスティックがあるには良いですね

イメージ 23

近鉄名古屋線が信号トラブルか・・・

イメージ 24

明日1日で、残りの路線を乗り潰すことが出来るでしょうか

中京遠征1日目が無事終了です




本日の名古屋鉄道乗り潰しの行程

名古屋本線 常滑線 築港線 河和線 知多新線 空港線 竹鼻線
羽島線 尾西線 津島線 犬山線


名鉄名古屋駅ー(大江駅)ー東名古屋港駅ー(大江駅)ー(太田川駅)ー河和駅
ー(富貴駅)ー内海駅ー(富貴駅)ー(太田川駅)ー中部国際空港駅ー
名鉄岐阜駅ー(笠松駅)ー(江吉良駅)ー新羽島駅ー(江吉良駅)ー(笠松駅)
ー(名鉄一宮駅)ー玉ノ井駅ー(名鉄一宮駅)ー(津島駅)ー弥富駅ー(津島駅)
ー(須ヶ口駅)ー名鉄名古屋ー(東枇杷島駅)ー岩倉駅

11.1k+38.3k+20.4k+57.4k+71.1k+16.3k
+25.9k+30.9k+25.5k+13k

乗車距離は309.9キロ







 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト


2016年5月13日(金曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 竹鼻線 羽島線 名古屋本線 尾西線 津島線

新羽島駅ー(江吉良駅)ー笠松駅ー名鉄一宮駅ー玉ノ井駅ー名鉄一宮ー津島駅




名鉄の新羽島駅、本数はそこそこ有るようなので、乗ってきた列車を
1本見送ります

単線高架が伸びる

イメージ 1

周辺は駐車場が多いみたいですね

イメージ 2

次の列車がやって来ました

イメージ 3

折り返し、笠松行きに乗車

イメージ 4

前面展望で

イメージ 5

江吉良駅手前のカーブ

イメージ 6

南宿駅に対向列車が待っている

イメージ 7

西笠松駅で、対向列車を待つ

イメージ 8

笠松駅に到着、さて、次は尾西線を乗りましょう

イメージ 9

ホームを移り列車を待つ、線路に駅員が降りていた

イメージ 10

特急の中部国際空港行きが来たので乗車

イメージ 11

イメージ 20


名鉄一宮駅で下車

イメージ 12

さて、次は尾西線です、1番線に移動

イメージ 13

名鉄一宮駅の1番線で、玉ノ井方面と津島方面が運転系統が分かれて居るようです
前に津島行きが停車、玉ノ井行きが後に止まる、縦列駐車

イメージ 14

名鉄一宮駅を出発、西一宮駅を出ると高架を降りて地上へ

イメージ 15

イメージ 16

奥町駅

イメージ 17

終点玉ノ井駅

イメージ 18

イメージ 19

玉ノ井駅の外に出てみる、自転車がいっぱいです

イメージ 21

30分に1本ペースなので、乗ってきた列車で戻ります

イメージ 22

名鉄一宮駅

イメージ 23

前に停車の津島行きに乗車

イメージ 24

名鉄一宮駅を出発したときは、単線でしたが、森上駅から立派な複線になった
、そのまま行くのかと思ったら、津島駅手前の高架で単線になって複線に
合流すると津島駅、右の複線側が津島線です

イメージ 25

イメージ 26

津島駅に到着








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月13日(金曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線 各務原線 竹鼻線 羽島線

名鉄岐阜駅・・すき家・・名鉄岐阜駅ー笠松駅ー(江吉良駅)ー新羽島駅



11:40
名鉄岐阜駅到着です、昔は新岐阜と言ってましたね
乗ってきた車両は、1700系でした

イメージ 1

後続の特急が到着しました、前に2両増結、8両編成のパノラマスーパー
が、到着

イメージ 2

JR高架をキハ85系が通っていく

イメージ 3

前側2両は切り離されて、後の6両が快速特急 豊橋行きになる

イメージ 4

名鉄岐阜駅は、面白い構造で、名鉄本線以外に各務原線も名鉄岐阜まで来ています
階段を下りて地上に各務原線のホームがあります、犬山線経由でも名鉄岐阜へ
来ることが出来ますね

イメージ 5

時間がお昼なので、改札を出て昼飯を食べることにします

イメージ 6

道を渡ったところの”すき家”で昼飯を食べます

イメージ 7

健康セットを付けて、ガッツリ食べました

イメージ 8

次は何所を乗りましょうかね?、広範囲に広がる名鉄路線ですから、近辺から
潰していきましょう、普通 須ヶ口行きに乗車します

イメージ 9

笠松駅で降ります、竹鼻線へ乗り換えです

イメージ 10

イメージ 11

新羽島行きに乗車

イメージ 12

イメージ 22

イメージ 14

竹鼻線、単線なので、意外に多くの対向列車とすれ違います、
そこそこ運転本数はあるようですね

イメージ 13

竹鼻駅

イメージ 15

羽島線との分岐駅だった、江吉良駅
今は、ここから先の竹鼻線が廃止されてしまったので、ここから羽島線
に成ります

イメージ 16

江吉良駅を出発すると羽島線、カーブして行く、直線方面が廃止された、
竹鼻線の部分

イメージ 17

江吉良駅を出て、羽島線へ、単線ですが高架に上がっていきます、

イメージ 18

東横インが有る

イメージ 19

途中駅が無く、終点の新羽島駅に到着しました

イメージ 20


イメージ 21

新幹線の岐阜羽島駅の側に新羽島駅があります、人は少ないですね
高架駅で1面1線

イメージ 23

エスカレーターもエレベーターも有りません

イメージ 24

なので、下に降りるのはめんどくさいので止めます


つづく






 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月13日(金曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 常滑線 空港線 名古屋本線

中部国際空港駅ー(太田川駅)ー(神宮前駅)ー名鉄岐阜駅



さて、中部国際空港駅に到着しました、新しい施設ですし、立派な駅施設ですね
これで、築港線、河和線、知多新線を乗り潰しました

イメージ 1

さて、次はどうしましょうかね、名鉄岐阜行きの特急が間もなくなので、
名鉄岐阜へ行きましょうか

イメージ 2

案内のすぐしたに、ミューチケットの販売機がありましたので、購入

いったん、改札を出てセントレアを見てみる

イメージ 3

イメージ 4

発車時間が迫っています、初名鉄の特別車へ

イメージ 5

この時間だと、お客さん少ないか

イメージ 6

ミューチケット

イメージ 7

すぐに発車時間です、この列車は前4両がが普通車で後側2両が特別車、
関空みたいに自動車用と鉄道用の橋が架かっています、セントレアは名鉄
独占ですね、JR東海は乗り入れてない

イメージ 8

スピード表示する

イメージ 9

WIFIが使えるようです

イメージ 10

イメージ 11

JR東海道本線と名古屋本線上りをオーバーパス

イメージ 12

イメージ 27

神宮前駅

イメージ 13

神宮前駅から金山駅の1駅は複々線になってます

イメージ 14

金山駅を出ると、左にJRと併走

イメージ 15

11:08
名鉄名古屋駅

イメージ 16

名鉄名古屋を出ると、地上へ

イメージ 17

イメージ 28

庄内川を渡ると、名古屋本線と犬山線が分岐、線路が3角で繋がっていて
面白いところですね

イメージ 18

須ヶ口駅の側に車庫があるんですね

イメージ 19

稲沢市あたり田園地帯を走る

イメージ 20

結構出てる117キロ

イメージ 21

11:27
名鉄一宮駅、JRの尾張一宮駅は直ぐ横

イメージ 22

大きな木曽川を渡る

イメージ 23

11:35
笠松駅、オグリキャップが出た、笠松競馬場の最寄り駅

イメージ 24

イメージ 29


JRの下を潜ると名鉄岐阜駅、ここだけ単線になるんですよね

イメージ 25

イメージ 26








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月13日(金曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 常滑線 河和線 知多新線 空港線

内海駅ー(富貴駅)ー太田川駅ー中部国際空港駅




知多新線内海駅、ここから先は無い、延伸計画が昔有ったようだが、
現状だと採算取れそうにないですね、観光路線として建設したようですが
2両編成の普通列車が行き来する、単線なのも名鉄の目論見が外れちゃった
ようですね

イメージ 1

乗ってきた普通列車が金山行きで折り返しますので、戻ることにします

イメージ 2

普通金山行きの後車両で知多新線を戻ります、車掌室から列車無線が
賑やかになっている、聞き耳立ててみたら、どうやら人身事故が
何処かであったようです

阿久比駅で、待避ホームに普通列車が入ったので、後続の特急に
乗り換えることにしました

イメージ 3

2200系が来ました、特急名鉄名古屋行きです、後2両は特別車


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 21

高架の太田川駅へ、常滑線に乗り換えます

イメージ 6

イメージ 7

中部国際空港方面の常滑線と河和線の分岐駅、河和線の名古屋方面列車は、
3階ホームに到着しました、常滑線常滑方面と河和線河和方面は
2階のホームからのようです

イメージ 8

列車の遅れをアナウンスしています、人身事故は常滑線のようだね、
大丈夫かな、取りあえず普通 中部国際空港行きに乗る

イメージ 9

太田川駅を出ると高架を降りてしまします、踏切も多いですね
列車無線に聞き耳立てながら進む、ネットで情報を収集、
事故は7:30頃、新舞子ー大野町間らしい、まさにそこに向かっています、
後面展望で進むと、新舞子駅を過ぎ、大野町駅の側の踏切に
名鉄職員らしき人が居たので、ここかな?

イメージ 10

2時間以上過ぎているので、平常ダイヤに戻る途中らしいです、
西ノ口駅で待避線へ

イメージ 11

イメージ 22

高架へ駆け上がる、ミュースカイとすれ違う

イメージ 12

10:00 常滑到着、ここから先は、空港線

イメージ 13

とこなめボート場

イメージ 14

りんくう常滑駅を出ると、橋へ

イメージ 15

関西国際空港と同じように、人工島方式の中部国際空港へ橋を渡る

イメージ 16

10:06
中部国際空港駅に到着です

イメージ 17

ホームドアと言うのか、海風防止のためなのか、ホームが覆われています

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20










 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月13日(金曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 常滑線 築港線 河和線 知多新線

大江駅ー(太田川駅)ー河和駅ー富貴駅ー内海駅



 名鉄乗り潰しでは、一癖有る、築港線を乗り終え、大江駅に戻る

イメージ 1

さあて、常滑線系統を乗り潰しましょう、築港線の改札を出て常滑線へ

イメージ 2

急行 河和行きが来ますので、それで、河和線に行きましょう

イメージ 3

急行なのに、パノラマスーパーが来ました!
前側の特別車は乗れないようです、なぜ?

イメージ 4

折角6両編成と案内されているのに、前2両は締め切りの謎!
最高に車両に乗ったが、結構混んでますね

太田川駅から河和線へ直通

イメージ 5

スピードが表示されるのが面白い

イメージ 6

名古屋方面は通勤ラッシュです

イメージ 7

地上を進むかと思えば、綺麗な高架を進んでいく

イメージ 8

知多新線との分岐駅、富貴駅を出発

イメージ 9

複線から単線へ

イメージ 10

イメージ 11

7:48 終点 河和に到着

イメージ 12

さて戻りましょう、乗ってきたパノラマスーパーが、折り返しで
特急 新鵜沼行きになります、この運用のために急行で運行されたの
でしょうかね、ミューチケットが要りますが、折り返しは特別車も
乗れるようです

イメージ 21


8:00
富貴駅で降ります

イメージ 13

特急を見送り、構内踏切で反対側の知多新線 普通 内海行きへ乗ります

イメージ 14

2両編成と短いですね

イメージ 15

富貴駅を出ると、すぐに右側の知多新線へ入ります、単線ですね
新線と名乗っているので新しい路線なんでしょうね

イメージ 22


イメージ 16

複線用地は確保されているようです

イメージ 17

駅部分は、行き違い可能なように作られています

イメージ 18

沿線は、山と森林ですね、家が少ないのが何とも、これなら単線で十分
と言うことでしょうか、高架構造や築堤上を路線が造られている、トンネルも
結構あるが、踏切が無い所がすばらしいですね

開けて、ホームが2面4線と大きい、終点 内海駅

イメージ 19

イメージ 20







  ↓ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!↓



ホテル 予約サイト
eacaf


にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月13日(金曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線 常滑線 築港線

名鉄名古屋駅ー金山駅ー大江駅ー東名古屋港駅ー大江駅



 早朝の静かな名鉄名古屋駅です、フリーキップを買って、初名鉄です
このドキドキは、なかなか感じられないので貴重ですね

自動改札を入り、ホームへ

イメージ 1

お!いきなりミュースカイが居た

イメージ 2

イメージ 3

名鉄の名古屋駅の情報は一応仕入れてきたけど、やはり、上下線2本だけで
各方面の列車を捌いているのが凄い!
まだ時間が早いからこんなもんでしょうけど、ラッシュ時間帯はもっと凄い
でしょうね

イメージ 5

行き先によって、並ぶところが違うのかな?

イメージ 6

よく判らないですが、名鉄を乗り潰すにあたって、先ず押さえておかないと行けないのが、築港線です、なにせ朝と夕方しか運転されていませんから、まづ、築港線を
乗っておきましょう

やって来た、豊橋行きに乗車

イメージ 4

さあ、名鉄初乗車です、JRと併走、向こうからは何度も見た風景です

イメージ 7

JR中央線が名鉄を潜り、名鉄が中央線と東海道本線に挟まれる形になるのが
なんとも、面白い、金山駅で降りてます

後続の急行 河和 行きに乗車、

イメージ 8

神宮前駅から常滑線へ

イメージ 9

6:20 大江駅で降りる

イメージ 10

さあ、築港線に乗り換えです

イメージ 11

終点の東名古屋港駅まで1駅ですので、大江駅に改札がある構造です、
東武の大師線西新井駅と同じ構造です

イメージ 12

ホームに降りると既に電車が止まっています、これが築港線の
始発列車のようです

イメージ 13

6:36 大江駅を出発

イメージ 14

ユックリと3分ほどで終点、東名古屋港駅に到着です

イメージ 15

時刻表を見ると、この時間は臨時列車のようです

イメージ 16

折り返しの6:42 大江行きを見送り、東名古屋港の周りを観察
大きな工場があるし、トラックが走る、

バス停、本数は築港線より多い

イメージ 17

大江駅から戻ってきた

イメージ 18

こちらの方が、客が多いです

イメージ 19

帰りの大江行き

イメージ 20

後面展望で大江駅へ戻る

イメージ 21

イメージ 22

直角に線路が交差してます

イメージ 23

右側に線路と架線があるのはなんでしょうね

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

6:57 大江駅に戻って、築港線乗り潰し完了です








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

2016年5月12、13日(木、金曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅



 ゴールデンウイークも明け、何かと取りにくくなっている、ビジネスホテルも
どうにか取れたので、今まで未乗だった名古屋鉄道を乗りに行くたびを
実行します

まず、行きには新宿から名古屋までの深夜高速バスを押さえた、
埼京線で新宿駅へ

イメージ 1

今回初めて、新宿高速バスターミナル、バスタ新宿を利用することになります
新南改札に向かう

イメージ 2

改札を出ると、すぐ上が、バスタ新宿らしい

イメージ 3

エスカレータを4階に上がる

イメージ 4

バスタ新宿のチケット売り場と待合室

イメージ 5

ヨドバシカメラの前のバスターミナルが閉鎖され、ここに集約されたようです

イメージ 6

乗るバスは、22:45発 京王バス運行の名古屋行き
B4乗り場からのようです、空席有りです

イメージ 7

入線を待つと、22:36 名古屋行き到着

イメージ 8

イメージ 9

こんかいは、1人で2席を使える、ひとりだけシートを取りました
荷物も預けずに横に置けるし、トイレも近いしグッドです

イメージ 10

シートには電源もあります

イメージ 11

定刻に出発です、空席多数でしたね

イメージ 12

イメージ 13

調布インターで一般道へ降りて、府中駅へ

イメージ 14

京王電鉄本社がある、聖蹟桜ヶ丘駅へ

イメージ 15

国立府中インターから中央高速へ

イメージ 16

このまま中央道経由で行くのかと思ったら、
圏央道で東名方面に行くみたいです

イメージ 17

海老名インターから東名高速へ、新東名ではなく古い東名高速を進む

イメージ 18

イメージ 19

外は明るくなってきた

イメージ 21

名古屋インターで降りずに、小牧インターまで進む、
小牧から、名古屋高速小牧線へ

イメージ 20

名古屋高速を降りる

イメージ 22

イメージ 23

名古屋バスターミナルの坂を登る

イメージ 24

5:40 名古屋バスターミナルに到着です

イメージ 25

さあ、朝一から動くことが出来ますね、まづ、荷物を預けて身軽に成りましょう、
ホテルは名古屋ではないのですが、取りあえず名鉄の名古屋駅あたりの、
コインロッカーを探します

イメージ 26

名鉄名古屋駅へ

イメージ 27

IC対応のロッカーがあった、ここに着替えなどの荷物を預ける

イメージ 28

さて、名鉄全線を乗るための、名鉄電車2DAYフリーきっぷを買う

イメージ 29

イメージ 30

4000円で2日間、名鉄全線乗り放題です








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト

↑このページのトップヘ