2016年5月14日(土曜日)
中京遠征の旅
名鉄全線乗り潰しの旅
名古屋鉄道 名古屋本線 豊川線
JR東海 東海道本線 飯田線

豊橋駅ー国府駅ー豊川稲荷駅




JR東海道本線で豊橋駅、蒲郡駅からモバイルSuicaで乗ったので、一旦
改札を出て入り直します

イメージ 1

さて、18きっぷなどで豊橋駅で名鉄を観察しましたが、ここから乗るのは
初めてです

JRに間借りで乗り入れる名古屋鉄道、専用ホームの駅名表は次の駅を
名鉄の伊奈駅に成っています

イメージ 2

裏側の飯田線の方は、船町駅

イメージ 3

到着の特急 名鉄岐阜行きの一般車に乗ります

イメージ 4

16:15 豊橋を発車

イメージ 27

飯田線と共用の線路を進む、前面展望で観察、左側の複線が東海道本線、

少し離れて右側に豊橋に向かう、飯田線と名鉄の共用線路

イメージ 5

東海道本線から離れる

イメージ 6

飯田線との分岐地点、右側が飯田線、左側が名鉄線

イメージ 7

左方面に進み、豊橋方面の名鉄線と合流

イメージ 8

伊奈駅を通過

イメージ 9

小田渕駅を通過

イメージ 10

イメージ 11

右側から、これから乗る豊川線が合流

イメージ 12

16:22
国府駅に到着

イメージ 13

豊川線は、直通の準急が来るようです

イメージ 14

ホームを移動して、準急 豊川稲荷行きが到着

イメージ 15

後続の特急の豊橋行きと連絡して、国府駅を出発
単線を進む、高架化されているところもあるようです

イメージ 16

八幡駅で、名鉄一宮行きと交換

イメージ 17

高架化は、八幡駅周辺だけのようですね、直ぐに地上へ

イメージ 28


イメージ 18

稲荷口駅でも、普通 国府行きと交換

イメージ 19

飯田線とここで合流、豊川行きが追いかけてきた、豊橋16:27発の
439G列車、豊橋を13分後の出発ですね飯田線の方が所要時間が短いですね

イメージ 20

豊川線終点、豊川稲荷駅に到着

イメージ 21

イメージ 22

向こうが、JRの豊川駅

イメージ 23

一旦改札を出て戻る

イメージ 24

折り返しの、名鉄一宮行きに乗車します

イメージ 25

国府駅から普通列車が到着

イメージ 26








 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト




国内最大級の宿・ホテル 予約サイト