2015年9月27日 (日曜日)
史上最大の獣害事件 三毛別羆事件
熊嵐 慟哭の谷

復元地ーおびら鰊番屋ートヨタレンタカー留萌・・留萌駅



 三毛別羆事件の復元地見学を終了して、戻ることになりますが、復元地は
あくまで復元地で、実際の事件発生現場では有りません、そして、
実際の発生現場は、ここまで走って来た、道道で通って来ているのです、
帰りは、木村盛武氏の”慟哭の谷”に乗っていた、地図を参考に現場の確認を
しながら帰路につきたいと思います。

イメージ 1

六線沢の開拓民住宅と事件関係の場所をプロット、まあ目測なので
正確ではないですが、当たらずとも遠からづだと思います

イメージ 3

さて、復元地から道道1049号線の舗装路へ、ここから片側1車線の道路が、
古丹別の街まで続きます、この左側方面の川向こうに岩崎金藏邸

イメージ 2

復元地から少し走った道道の上辺りが、最初に2人が襲われた、太田三郎邸
の有った場所辺り、

イメージ 4

右側の林の奥が、羆が遺体を埋めた場所らしい

イメージ 5

イメージ 6

遺体を取り戻しに来た羆が通夜の太田家を再び襲い、騒ぎで逃げた

数百メートル下流の明景安太郎邸、ここに避難していた、女、子供が
太田家から逃げてきた羆に襲われ、5人が被害にあった

イメージ 7

イメージ 8

山渓ゲート、道道1049号は苫前小平線と言う、雨は止んだようですが、
雷の音は時折聞こえる

イメージ 11

復元地は苫前町です、小平町へ繋がるのは何時?

イメージ 9

復元地まで2キロ地点、ここだと携帯はLTEは繋がらないですが
3Gがバリ3です、復元地まで電波、届かないのか

12:45
この2キロ地点で車を停め、写真を撮ったりしていると、復元地に向かう
白い車が1台あり、この先は復元地しかないからね、誰もいないのだよ!

イメージ 10

イメージ 12

浪華橋

イメージ 13

イメージ 14

この橋の左側に、吉川輝吉邸が有った、避難後羆に進入された

イメージ 15

浪華橋の先、尾根を上がると、羆の射殺地点、木標が有るらしいが
私有地なのか、立ち入り禁止です、羆がウロウロしててもおかしくない場所です

イメージ 16

12:52
さっき、復元地に向かってであろう車が帰ってきた、早い!

イメージ 17

晴れてきた!

イメージ 18

射止橋まで戻りました、橋の向こうに、羆討伐隊の本部

イメージ 19

イメージ 20

三毛別川の合流地点、雨のせいか、水は濁っている、左方面が苫前ダム、
合流点の向こう側にも開拓民の家があったようです

イメージ 21

イメージ 22

さて、そろそろ引き上げるか、後は留萌へ戻ります
道も乾いてきました

イメージ 23

山渓神社横

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

力昼への近道、考えたけど、古丹別の街をもう1度抜けて帰ることにします、
曲がらず直進

イメージ 27

古丹別の街

イメージ 28

霧立国道から、オロロンラインへ

イメージ 29

海からの風が強いのでしょう、風力発電の風車が沢山あります

イメージ 30

イメージ 31

14:10
来るときに気になっていたので、道の駅に寄ってみる、けっこう車が多い

イメージ 32

道の駅、おびら鰊番屋

イメージ 33

昔は鰊漁で栄えたのでしょう、大きな番屋が残っていて、見学出来るようです
時間がないので、見学は諦めて、食堂でニシン蕎麦をいただく

イメージ 34

前は海だし良いですね

イメージ 35

14:49
さて、道の駅を出発

イメージ 36

あとは、レンタカーを返すだけだ

イメージ 37

イメージ 38

留萌本線の踏切を渡る

イメージ 39

返す前にガソリンスタンドで満タンにする

イメージ 40

15:41
トヨタレンタカー留萌に到着、無事返却

イメージ 41

留萌から復元地まで、片道約63キロ、苫前の郷土資料館にも、貴重な資料が
有るようなので、また行ってみたいですね!

イメージ 44

15:41
さて、留萌駅へ向かいます、駅前にレンタカー屋が有ればもっと便利なのに、
駅まで歩きです、JA南るもい、留萌警察署前

イメージ 42

16:00
留萌駅へ

イメージ 43




北&東パスの旅 (14)へ行く






 ↑ 鉄道関係サイトにリンクしています ポチってみてね!



ホテル 予約サイト
fbabj