2010年7月23日 金曜日
青春18きっぷの旅
羽越本線 823D
新津駅ー新発田駅ー
キハ110形




新津駅1番線に入線した、823D列車は、両運転台のキハ110形2両編成
後の車両の左側4人ボックス席に腰を下ろした

新津駅から羽越本線の始発列車になる、後の車両には、自分の他2人
前の車両もそんなもんだろう・・・

イメージ 1


全線電化の羽越本線なのに、DC列車なのは、JRの車両のやり繰り事情のようです
新津から酒田まで、166.9km、3時間14分の長距離をDC列車を楽しめる

新潟から”きらきらうえつ”に乗るのに匹敵するくらいの列車!?
”裏きらきらうえつ”と言えるかも・・・
まだ未乗のキハE120形を少し期待したのですが、きょうは110形でした

06:16 定刻に新津駅を出発、床下からのエンジンの振動と
心地よい加速で、信越本線と別れ、進んで行く

イメージ 2


田園風景を突っ走る

イメージ 3

イメージ 4


新津から新発田駅までの区間は、運転本数が極端に少ない区間
駅間も長い、次の京ヶ瀬駅から、通学の学生が徐々に多くなり
車内が混み合うのも、この列車の特徴

大都会と違って、列車時刻に合わせて予定を組まないといけない
乗り遅れたら、遅刻決定だろう

イメージ 5




車内は学生で賑やかだ、白新線の線路が近づいてくると新発田駅
06:45 新発田駅到着、ここで降りる学生が多い

イメージ 6













.